失敗しない中古車の選び方をご紹介。いい車をお値打ちに買いましょう。

過走行ではありませんか?

中古車は5万キロ・10万キロごとに値段が大きく変わってきます。ですが、安いからと言って過走行の車を選ばないようにしましょう。かと言って走行距離が少ない車でも、しっかりとメンテナンスされていない車は選ばない方が賢明です。少々走行距離はあっても、しっかりとメンテナンスが行き届いた車を買うことをおすすめします。10万キロ以上走行した車は安く買えてもその後のメンテナンスに費用か掛かってしまう可能性が高いです。なるべく避けましょう。

人気のカラーを避けましょう

車には人気色とそうでない色があります。ですから、お値打ちに購入するのなら、人気色でない車を買えばいいのです。日本では白や黒といったモノトーンカラーが人気です。この傾向はセダンやミニバンでより顕著なんですよ。値段にすると大体50万円以上の差が出てくるなんて場合もあります。自分のほしい車の人気色、そうでない色を把握して、お値打ちに購入できるようにしましょう。中古車市場は常に変動しています。普段からチェックしましょうね。

装備には少しの妥協が必要です

車が好きな人ほど内装にもこだわりたいかもしれません。しかし、お値打ちに買うには少しの妥協も必要なんですよ。中古車は、サンルーフや純正ナビがついているとそれだけで値が張ります。しかもそういった装備がついている車は人気です。フル装備でなくても、あとで自分でカーショップで購入するなど、工夫ができるでしょう。装備を妥協するだけで30万円ほどもお値打ちに買うことができるかもしれません。最初からついているというものもちろんいいことですが、自分で買って取り付けるというのもいいでしょう。愛着が湧くはずです。

ボルボを中古車で探しているならば、中古車情報のサイトが便利です。全国の情報を集めることができるので理想のボルボが見つかります。